拡散、共有していただき有難うございます。

酵素-ジアスターゼの働きとは

大根に含まれるジアスターゼ

大根に含まれるジアスターゼ

ジアスターゼとは

ジアスターゼは、別名でアミラーゼとも呼ばれます。消化酵素の一種であり、デンプンやグリコーゲンを分解する働きがあります。

デンプンやグリコーゲンを分解することによって糖にするという消化酵素であり、ご飯をよく噛むと甘くなってくるのはジアスターゼの働きでデンプンが糖に変質するためです。
食べ物では、山芋やダイコンやカブに多く含まれています。胃腸の働きを助けることにより消化不良を解消してくれたり、胃酸の分泌量をコントロールすることにより胃もたれや胸やけを予防してくれる効果があります。

ジアスターゼは多くの胃腸薬にも配合されています。ジアスターゼを含む胃腸薬には、消化不良を改善する作用があります。食欲増進の作用もありますので、食欲が落ちている時には山芋やダイコンやカブを食材として取り入れると改善に役立ちます。
ただし、ジアスターゼは熱に弱いという性質を持ちますので、調理法には注意が必要です。軽く熱するだけで食べられるメニューや生のまま食べられる方法を考えると、効率良く摂取することができます。

消化酵素の一種であるジアスターゼは、膵臓や耳下腺からも分泌されます。消化不良による食欲不振を改善してくれる優れものですが、食べ物から摂取する場合には熱に弱いということ以外にも注意しなければならない点があります。それは、空気に触れると、酸化して効果が薄れてしまう可能性があるということです。食べるまでに時間があると酸化してしまいますので、なるべく直前に調理する必要があります。
たとえば、ダイコンなら、生のままダイコンおろしにするのが最適です。ダイコンおろしにはイソチオシアネートという成分が含まれており、殺菌や抗炎症、解毒といった様々な効果を得ることができます。消化を促進する作用もありますので、ジアスターゼと一緒に摂取できるダイコンおろしは、疲れた胃腸にとって理想的なメニューであると言えます。ちなみに、イソチオシアネートはダイコンおろしにしか含まれません。

アスターゼの役割

山芋等に含まれる消化酵素の一種であるジアスターゼは、消化を促進させることで胃腸の働きを正常化させるという役割をもちます。
正確には、デンプンやグリコーゲンの消化を助けることで胃腸の調子を整えて、胃のもたれや胸焼けを緩和させることができます。

消化酵素として膵臓や耳下腺からも分泌されると前述しましたが、分泌量が足りなくなると胃腸の働きが鈍ります。足りない分を補うには、山芋やダイコン等の食べ物から摂取することになります。
ジアスターゼの働きが十分な状態なら、食べた物を効率良く消化できますし、胃酸で胃を痛めることもありません。ジアスターゼには胃潰瘍や胃炎を予防するという大事な役割もありますので、不調を感じたら積極的に食べ物から摂取することが大切です。

また、ジアスターゼには、膵臓に何らかの障害が起こると膵臓の細胞から逸脱して血液や尿の中に入ってくるという大きな特徴があります。この仕組みを利用して、ジアスターゼの値を測定する事により膵臓の状態を調べることができます。検査を行い、急性膵炎や慢性膵炎、膵がん等の経過を知ることができますので、これらの病気を確かめる上でもジアスターゼは重要な役割を担っているということが分かります。

胃腸薬でジアスターゼを含むものを利用する場合、主に炭水化物の消化を助けてくれます。胃が重苦しかったり、もたれていたり、便が柔らかくなっていたら、消化不良の可能性が高くなります。そのような状態においてジアスターゼの含まれる胃腸薬を服用すると、炭水化物の消化異常を改善することができます。

外側から補う場合、旬の食材を用いるのが一番です。旬の食材には、豊富な栄養が含まれているからです。旬の食材が手に入らない場合には、粉末状の酵素パウダーや植物・果物・野菜由来の液体酵素等を利用するのも良い方法です。これらのものからも食べ物と同じような効果を得ることができますし、一定の摂取量をキープできるという点において優れています。

ジャンル コラム・情報  ハーブ・成分解説/記事
サブジャンル    

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)