拡散、共有していただき有難うございます。

酵素-ブロメラインの効果効能とは

パイナップルに含まれるブロメライン

パイナップルに含まれるブロメライン

ブロメラインとは

ブロメラインは酵素の一つです。酵素の中でもタンパク質分解酵素と呼ばれている消化酵素に分類されています。

ブロメラインはパイナップルに含まれている果実の成分の一つでもあります。パイナップルを酢豚料理に入れることで、肉を柔らかくする効果が得られるとされている根拠になっています。ただしパイナップルの生の果実であればこその効果であるため、すでに加熱調理済みのパイナップルや、缶詰として製品になってしまっているパイナップルでは効果が期待できません。

ブロメラインは酵素ですから、熱処理における効果への影響を理解しておくと良いでしょう。性質が変化して、活性を失うとされる温度が、ブロメラインは60℃とされています。したがって、酢豚料理では下ごしらえとして肉とパイナップルを混ぜ合わせておくぶんには効果が期待できるのですが、これは加熱する前の状態であることに意味があります。
加熱が始まってしまうと、60℃を越えた時点でブロメラインのタンパク質分解の効能は失われてしまいます。ただしサプリメントとして使用することで、消化酵素としての効果効能を維持したまま体内へ取り入れることが可能です。消化を促進し、吸収をサポートしてくれるからです。注目したいのはタンパク質への働きかけです。タンパク質を分解する作用を利用して、フィブリンの分解に応用させることが可能になります。

フィブリンとはタンパク質のひとつであり、アレルギー性の炎症の原因になっているものです。アレルギーを引き起こす原因の一つとされるフィブリンを分解できることで、アレルギー症状を緩和させる効能を得られます。医師の処方が基本となりますが、健康の維持管理に応用したいときに知っておくと良いでしょう。

体内への消化と吸収だけでなく、軟膏薬のように皮膚へ塗ることで効果を得ることも期待できます。アレルギー性の炎症であるニキビやアトピーに効果が期待される理由になっています。タンパク質を分解し、再生を促進させる効能が認められているからです。

ブロメラインの役割

ブロメラインは酵素のひとつであり、消化酵素としての効能はタンパク質の分解です。ブロメラインにタンパク質の分解という役割を期待するときには、体内への吸収か、体外での塗布かという二種類の処方があることを覚えておきましょう。

体内への吸収は、パイナップルを食事するのと同様の感覚で良いでしょう。ブロメラインはパイナップルの果実の成分だからです。サプリメントとして服用するときは、用法量を守ることを心がけましょう。タンパク質の分解という役割がありますので、必要上に摂取してしまうと胃の粘膜などを強く刺激してしまう恐れがあります。胃の粘膜などに炎症がある場合は、鎮める効果が得られます。空腹時には胃の粘膜などに直接に作用しやすくなりますが、食後のように食事したものが体内に入っている時様態であれば、消化酵素として働きますので、消化を促進し、吸収を早め、健康の維持に効果的です。

体外への塗布という処方の場合は、ブロメラインはタンパク質分解酵素ですから、タンパク質を効果的に分解することが可能であると同時に、分解されたタンパク質の周辺で再生を促進させることに期待できます。分解と再生に効果が期待できることから、アレルギー性の炎症だけでなく、ヤケドの傷の再生治療にも役立つと言われています。
ヤケドのように急激な温度変化によって皮膚が損傷してしまったときは、自然治癒を待つだけでなく、再生スピードを上げることで傷の治療を早められることも重要です。ブロメラインを処方することで、損傷してしまったヤケドの箇所の皮膚というタンパク質を分解させて、新しい皮膚細胞組織というタンパク質を再生させることを促進させられます。

アレルギーや疾病への処方だけでなく、広く一般的なスキンケアとしての利用も可能です。アトピーやニキビに悩まされている人ならば、症状の改善が期待できます。スキンケアという意味では、ビタミンと合わせて考えるのも良いでしょう。

ジャンル コラム・情報  ハーブ・成分解説/記事
サブジャンル  

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)