拡散、共有していただき有難うございます。

酵素-アクチニジンの効果効能とは

キウイフルーツ

アクチニジンとは

アクチニジンは酵素の一つです。酵素の中でもタンパク質分解酵素です。タンパク質分解酵素はプロテアーゼとも呼ばれています。

アクチニジンはキウイフルーツの果実に含まれています。緑色のキウイフルーツのタンパク質成分に由来しています。
キウイフルーツを食べることで消化を促進させるのに効果的と言われるのは、アクチニジンの働きがあるからです。

アクチニジンが体内に取り入れられると、タンパク質成分を分解する効果が発揮されますので、アクチニジンが無い状態よりも消化活動がスピーディーになります。肉料理を食事したときにアクチニジンを効果的に摂取できれば、胃もたれ予防に効果的です。タンパク質を効率良く分解するという役割がありますので、健康の維持管理だけでなく、スポーツなどでの効果的なタンパク質の摂取にも役立ちます。

タンパク質を摂取したからといって、すべてを効果的に吸収できるとは限りませんが、アクチニジンというタンパク質分解酵素を補助的に摂取することで、体内に栄養を吸収しやすい状態にタンパク質を分解してもらえます。アスリートに注目されている酵素であるとも言われている理由です。

尚、キウイフルーツがアクチニジンの代表的な果実と言われるのは、緑色の果実のタンパク質成分の約50パーセントがアクチニジンだからで、含有量がキウイフルーツほどではないにしても、パイナップルやイチジクの果実にもアクチニジンが含まれています。

※アクチニジンが多く含まれているのはキウイフルーツですが、キウイフルーツには二種類あります。緑色のキウイフルーツと、ゴールド種と呼ばれるゴールデンキウイフルーツです。アクチニジンはアレルゲンのひとつでもあるのですが、これは緑色のキウイフルーツの場合が多く、ゴールド種のキウイフルーツの場合は口腔アレルギー症候群には影響しにくいとされていますが、これはゴールド種のキウイフルーツはアクチニジンの含有量が少ないからです。※

アクチニジンがタンパク質分解酵素であるということは、熱処理に配慮が必要です。過熱の過程で効果が弱まったり活性が失われることを覚えておくと良いでしょう。

生の果実としてのキウイフルーツが、もっともタンパク質分解酵素としての効果を発揮します。料理の下ごしらえとして肉と一緒にキウイフルーツを混ぜ合わせておくのも良い利用方法です。

注意したい点としては、アクチニジンはタンパク質分解酵素であると同時にアレルゲンのひとつでもあるのだという事実です。
肉料理の消化や吸収を促進させられるタンパク質分解酵素であるのと同時に、アレルギー症状にも影響する要素があります。過剰な摂取は、体に負担となる恐れがあり、消化器官である胃腸の粘膜を必要以上に刺激してしまう可能性もあります。

タンパク質分解酵素としての役割の中には、舌苔の分解にも効果的だという要素があります。舌苔を素早く分解することで、口臭原因の除去にも役立ちます。

ジャンル コラム・情報  ハーブ・成分解説/記事
サブジャンル    

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)