拡散、共有していただき有難うございます。

酵素-エレプシンとその働きとは

カテゴリ:成分

エレプシンとは

食べ物を食べるとそれが消化されて、吸収され栄養となったり、不要なものは排泄されるようになっていまが、このような代謝をして体の調子を整えるには酵素が必要となります。

口から食べて、まずは口の中で噛み砕いて飲み込み、その後は胃でまず消化活動が行われます。
胃や膵臓、腸などには消化液があり、その中に消化酵素が存在し、消化を助けます。炭水化物、タンパク質、脂質など食べたものの種類に応じた酵素が働きます。

弱酸性の胃液の中にはペプシンという酵素が蛋白質を分解するのです。
脂質に関してはリパーゼという消化酵素が胃液の中に存在し、脂肪分を分解します。

次の膵臓では、トリプシンが蛋白質を分解し、アミラーゼがでんぷん、ステアプシンという膵臓のリパーゼが脂質を分解します。
膵臓では他にもサッカラーゼ、マルターゼなどの酵素がショ糖や麦芽糖を分解します。

そして小腸にはリーベルキューンという腸液があり、ペプチターゼが蛋白質をアミノ酸に、リパーゼが脂質分をグリセリンや脂肪酸に、またショ糖や麦芽糖などはブドウ糖になり、吸収されます。

腸液に含まれるアミノペプチターゼやジペプチターゼなどの酵素の混合物を「エレプシン」と言います。

エレプシンは腸液に含まれる消化酵素のすべてを指すのではなく、蛋白質を分解する酵素の混合物のことです。食べ物に含まれて入ってきた蛋白質が胃や膵臓でポリペプチドになり、エレプシンがそれをさらにアミノ酸にまで分解していきます。

アミノ酸という体のエネルギーのもとになる栄養素は血液に吸収され肝臓や各細胞に送られていきます。アミノ酸は80種類ある中から体内では20種類しか作られないので、残りは食べ物などから摂取しなければならない栄養素です。
そのアミノ酸を生成し、吸収させてくれるのがエレプシンです。
エレプシンが足りなかったり、うまく働かないとアミノ酸は満足に生成されないので健康を保つ上でも支障が出てきます。そのためエレプシンは重要な役割をしているのです。

エレプシンの役割

消化には機械的消化と科学的消化の二通りがあります。機械的消化は食べたものを細かく砕き、下の方の消化器官に移動させていくことです。蠕動運動、分節運動、振り子運動の3つの動きを混ぜた運動によって台帳にまで送られていきます。

化学的消化というのは消化酵素によって、炭水化物、脂質、蛋白質に分けて、それぞれの役割を持つの酵素がその栄養分をさらに分解し、吸収されやすくしていくのです。
その中で腸液の中で蛋白質を一番小さなアミノ酸に分解していく消化酵素がエレプシンです。

蛋白質はもともとアミノ酸がいくつかくっついてできているものです。アミノ酸が二つで構成されているものはジペプチド、三つで構成されているものはトリペプチドなどがあって、それを分解していくのです。
そしてジペプチドにはジペプチターゼ、そのほかにはアミノペプチラーゼ、エンテロキナーゼ、ヌクレアーゼなどの消化酵素があります。
それら酵素の混合物がエレプシンです。

そして小腸の腸液が血管の中にも吸収されていく大きさにまで分解し、栄養を送ったり、排泄物として肛門にまで送られるものに仕分けしていきます。
その中の蛋白質部門を担うのがエレプシンということです。
エレプシンだけでなくいろいろな酵素が最近サプリメントとして販売されています。

酵素はもともと体内にあるものなのですが、消化、吸収を続けて使われて行くうちに体内からどんどん減っていきます。
すると代謝が悪くなったり、消化不良になったりして体調不良や肥満などの原因になります。
しかし酵素は野菜や果物などに含まれているので、容易に摂取することはできるのですが、加熱せずに摂取し内といけなかったり、大量摂取が必要だったりするので、たくさんの野菜や果物を発酵して熟成させ凝縮した酵素のドリンクやサプリメントとして製造販売されているのです。
それで酵素を効率よく摂取することができ、体内での消化吸収、代謝がスムーズに行くようになるので体調不良や肥満の解消にもなるということです。

ジャンル コラム・情報  ハーブ・成分解説/記事
サブジャンル  

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)