拡散、共有していただき有難うございます。
 

酵素-ナットウキナーゼの効果や役割とは

納豆

ナットウキナーゼとは

ナットウキナーゼとは納豆に含まれている特有の成分のことですが、これはたんぱく質を分解する酵素の一つとなります。
もう一つ有名な呼び方といえば納豆菌です。

解説
他の大豆食品からではナットウキナーゼの摂取はできません。
納豆のみです。

納豆は納豆菌から発酵させることで作られていますが、この発酵する過程で、粘り成分の元となっているポリグルタミン酸やたんぱく質、ビタミンなどが作られていきます。

発酵によって生まれたナットウキナーゼは血栓を溶かす働きがあることが有名ですが、これは1980年代にアメリカのマイケルリース血液研究所で、日本の倉敷芸術科学大学の教授が血栓を溶かす酵素の研究を行っていましたが、その際に人工的に作成した血栓に対して、納豆の粘り成分に含まれている酵素を使用したところ、血栓を溶かす働きを見せたのです。

その時に使用した酵素がナットウキナーゼだったのです。

この実験によりナットウキナーゼが血栓を溶かす働きがあることが判明して、その後も様々な研究が進められていきました。

現代人は食の欧米化などによって脂っこい食事が多くなっています。そうなると血液中のコレステロールや中性脂肪が増加してしまいますので、血栓を溶かす酵素の働きが鈍くなります。これにより心筋梗塞や脳梗塞といった病気の発症リスクが高くなります。

そこで実験を行い納豆を健康な方に30g摂取させたところ、血栓分解産物と呼ばれる血栓が溶けた際に生成される物質が血液中に増加したのでした。
この効果は医学界でも実証されていますので、血栓を溶かす薬を服用している方は効果が重複してしまうので納豆を食べることが禁じられています。

摂取するのに注意しなくてはならないことは、ナットウキナーゼは熱に弱い為、加熱をしてしまうと壊れることがあります。ですので食べる際には加熱などはせずに食べるようにいたしましょう。
また血栓ができるのは深夜から早朝にかけてとなりますので、食べるのに効果的な時間は夕飯の時になります。余談ですが納豆にはナットウキナーゼのほかにも様々な成分が含まれており、その中のビタミンK2は骨粗しょう症にも良い働きがあります。

ナットウキナーゼの役割

ナットウキナーゼが持っている効果は様々ありますが、中でも最も注目されているのが血栓を溶かす効果になります。

血栓とは血液中の脂肪が固まってしまうことで出来てしまうもので、これにより血管の壁が厚くなったり、血流の流れを止めてしまう原因となります。血管の壁が厚くなると、弾力がなくなりますので、血圧に耐えられなくなり血管が破れたりしてしまいます。
また血流の流れがとなってしまうと、血液が流れなくなった部分が死滅してしまい、それが脳で起きれば脳梗塞、心臓で起きれば心筋梗塞となります。

これらの症状を動脈硬化と呼びますが、動脈硬化は自覚症状がありませんので、突然死につながる危険な病気となります。この動脈硬化や、そこからは併発してしまう病気を防ぐのがナットウキナーゼになります。

ナットウキナーゼは血液中にできてしまった血栓を直接溶かしてくれて、尚且つ、体にもともと含まれている血栓を溶かす酵素を活性化させてもくれます。この体に存在している酵素はウロキナーゼと呼ばれていますが、これは消化器に存在しており、刺激によって活性化されます。このウロキナーゼを納豆ナットウキナーゼが刺激してくれて血栓を溶かしていきます。

そのほかにもナットウキナーゼには良い効果があり、高血圧の改善を促してくれます。高血圧はコレステロールの高い食事をしていることで、血管壁が厚くなります。それが原因となり血管の弾力がなくなり血管壁が圧力を逃がすことができなります。
ですので血圧が高くなり、また血管が脆くなっていますので破れやすくなり、脳内出血やくも膜下出血などのリスクを高めてしまいます。

この高血圧の改善にも効果的ですので、それに伴い脳内出血やくも膜下出血などのリスクも軽減することに繋がっていきます。
ナットウキナーゼはコレステロール値も低下させる働きがあります。簡単に言ってしまえば高血圧、脂質異常症、そこから併発する恐れのある、心疾患、脳疾患といった生活習慣病の予防改善に良い働きがあるという事となります。

更新情報

大豆の発酵食品には納豆以外にインドネシアのテンペがあるが、テンペからはこの抗菌ペプチドは見つからなかった。納豆とテンペは、発酵に使う菌が違うため抗菌ペプチドも変わると考えられ、同大学は「抗がん、抗菌作用は、納豆菌が大豆を発酵し、納豆にすることで発生する」と結論付けた。
(出典:日本農業新聞/2016年11月04日-秋田大学 より)

納豆に含まれる抗菌ペプチドは1キロ中1グラム。
これらに加え、愛媛大学などの研究チームでは、娠うつのリスクを減らす作用も確認されています。これは大豆イソフラボンの植物性エストロゲンの効果としては納得のいく結果。

解説
簡単に言ってしまうと血液サラサラ成分。
ですので、出血のリスクがある手術の時や、同じ作用がある血液抗凝固薬(アスピリンも含む)との飲み合わせ時は注意が必要です。
解説
不妊症や子宮筋腫など、女性特有の症状にも良いと示唆されていますが、まだまだ研究が必要なようです。

ジャンル コラム・情報  ハーブ・成分解説/記事
サブジャンル  

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)