拡散、共有していただき有難うございます。
 

アントラキノン誘導体とその役割について

カテゴリ:成分

アントラキノン誘導体とは

アントラキノン誘導体とは化合物の一種で、アントラキノン誘導体は化合物の中でも有機化合物に分類されます。
アントラキノン誘導体にはアントラセンという物質の誘導体としての知られ、アントラキノン誘導体と深く関係しているこのアントラセンという物質も同様に有機化合物の種類の一つ。そして多環芳香族炭化水素の種類の一つです。

この物質の性質が個体から液体に変化するのは熱を加えて218℃になったときですが、これは水の融点である0℃と比べてもかなり高いものとなっています。また、このアントラセンという物質が液体から気体に変化するのは温度が342℃になったときです。このようなアントラセンの誘導体としての働きがアントラキノン誘導体にはあります。

アントラキノン誘導体は水に溶けにくいという性質を持っており、同様にアルコールなどの液体にも溶けにくい物質です。ただしこの物質は全ての液体に対して溶けないのではなくて、ニトロベンゼンなどの特定の液体には溶けます。しかしそのような特定の物質で無い限りは、他の物質と化学反応したりすることはあまりありません。

アントラキノン誘導体は自然界に棲息するもの中では植物の組織の中に含まれていることでよく知られていますが、この物質を組織内に含んでいる植物としてはカスカラなどの植物の名前があげられます。
その他にもセンナなどの植物の組織内にも含まれています。そうした植物以外にも日本人にも良く知られている植物などにも含まれていまが、その中で代表的なものがアロエです。
その他にもダイオウなどの植物の組織内にも アントラキノン誘導体は含まれています。

このようにアントラキノン誘導体は多くの場合、植物の組織の中に存在していますが、それ以外の場所にもこの物質が存在している場合も稀にあります。鉱物の中にはこの物質を組織の中に含んでいるものがあるのがその一例です。

アントラキノン誘導体の役割

アントラキノン誘導体は植物の中に含まれている物質ですが、人間の日常生活においても利用されることがあります。アントラキノン誘導体がよく利用される方法としては下剤として利用される方法があります。

人体の排泄をうながす下剤にはさまざまなタイプのものがあることで知られていますが、このアントラキノン誘導体を用いたタイプの下剤は、腸を刺激することにより排泄をもたらす効果があります。
アントラキノン誘導体は化学的に安定した物質であり、胃などではあまり吸収されません。アントラキノン誘導体は人間の体内では小腸で吸収されて、腸内の環境を刺激する働きをします。それにより排泄が促される仕組みとなっています。

下剤として利用されているのはこの物質が、よほど長期間使用したり連続して使用するのでなければ比較的人体にとって害の少ない物質だからです。市販されている下剤の中にはこの物質のこうした性質を利用した商品なども多く販売されています。そのような薬品で使用されているアントラキノン誘導体は、植物から抽出されたものが多くあります。

植物由来の天然の成分であるということを謳っている商品もあります。
アントラキノン誘導体を抽出するために利用される植物としてはセンナなどの植物があります。またダイオウやアロエなどもこうした薬品を作るときに利用されています。こうした利用の方法がされるアントラキノン誘導体としてはプルゼニドやアローゼンなどがあります。

このアントラキノン誘導体にはそのような体内での下剤としての使われ方の他にも、工業用の用途で利用されることもあります。そうした使われ方の代表的なものが色素の原料としての使われ方です。自然に存在する色素はアントラキノン骨格があるものが多いために、色素の材料として利用することができます。またアントラキノン誘導体は工場などで紙を製造する工程で触媒として使用されることもあります。

解説
センナやダイオウといえば、便秘解消用の漢方や便秘茶にも使われている素材。類似植物のキャンドルブッシュも同じ括りかな?

1 件の口コミ

  1. ozzyiida より:

    アロエは日焼けや美容だけではなく、便秘にも効くのは、アントキラノン類のおかげなのかもしれませんね!

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)