拡散、共有していただき有難うございます。

スコポレチンが体に与える様々な効果

カテゴリ:成分

スコポレチンとは

スコポレチンはアカネ科に属する熱帯性の植物に含まれる物質で、スコポレチンを含む代表的な植物がノニです。ノニはスコポレチンを手軽に摂取することができるものとして、ノニジュースなどの形で広く知られています。

ノニジュースにはスコポレチンの他にも体の健康を保つために有用な様々な栄養素が含まれており、不規則な食生活によってk頼った栄養バランスを改善するサプリメントとして非常に有効なものとなっています。特に現代人に多く見られる生活習慣病といった症状の予防や改善には非常に高い効果があるものとして知られています。

人間の体が正常に機能するためには、体の各器官がそれぞれの役割を十分に果たしていることが絶対の条件となります。こうした体の各器官では、その活動をするために多様な種類の栄養素が必要となります。

これらの栄養素は、毎日の食事から摂取されるものですが、現代人は以前の生活に比べ、その生活のスタイルが大きく変化しており、それによって食生活も昔に比べて随分と違ったものとなっています。そうした状況から、栄養バランスの悪い食生活を送る人も多く、それにより体の各部にまで必要な栄養素が十分に供給されないといったことも起こっています。

また、食文化の欧米化などにより、過剰なカロリーやコレステロール、また脂質といったものを蓄積しやすくなっており、それによって体の健康に悪影響を及ぼすことも少なくありません。こうしたことから、毎日の食生活のバランスを改善するのはもちろんのこと、不足しがちな栄養素は、サプリメントや、それらを豊富に含んだ食品から摂取することが必要となります。

こうした物質の中には特殊な植物などから採取されるものも多く、通常では手に入りにくい分、多くの栄養素や、体に対して良い影響を与える性質を持つものもあります。スコポレチンもそういった成分の一つで、通常身近な食品などからは摂取が難しいものとなっています。

スコポレチンの役割

高カロリーのジャンクフードやインスタント食品を食べる機会も増加しています。
そのことにより、カロリーやコレステロール、脂質や糖分を過剰に摂取することとなり、こうした食生活が習慣化することで、肥満などの生活習慣病を引き起こす原因にもつながっています。また、こうした生活習慣病は、時として体に深刻なダメージを与えることでも知られており、糖尿病や心疾患、または動脈硬化や脳梗塞といった、生命の危険に直結する症状にまで発展することもあります。

こうした疾患に非常に深くかかわるのが血管の異常ですが、そうした影響を軽減し、症状の改善に効果があるとされるのがスコポレチンと呼ばれる物質です。

人間の血管の働きに作用し、血管の収縮を緩和する働きを持っています。そのため、血管に由来する動脈瘤や動脈硬化、または心疾患や高血圧といった症状の予防にもつなげることができます。

スコポレチンの働きにより、血管は拡張され、柔軟性を取り戻すこととなるため、老化によって機能が低下した血管を正常な状態に戻すことが可能です。

スコポレチンには、血圧降下、抗菌、鎮痛、抗炎症などの作用がある事が分かっています。
(出典:サプリメント健康事典/集英社 より)

高血圧の症状を改善する降圧剤と呼ばれる薬品もありますが、こうした薬品は副作用が強いものも多く、またいったん飲み始めると、飲み続ける必要が出てきます。それに対し、スコポレチンは自然物から採取される物質のため、副作用の心配がないのも大きな特徴となっており、メリットの多いものとなっています。

ジャンル コラム・情報  ハーブ・成分解説/記事
サブジャンル  

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)