拡散、共有していただき有難うございます。
 

酵素-重要な役割を担うプロテアーゼ

カテゴリ:成分

プロテアーゼとは

プロテアーゼは、別名タンパク質分解酵素とも呼ばれる、たんぱく質を分解する役割を持っている酵素です。

アミノ酸は2個以上結合するとペプチドとなります。そして、さらにそのペプチドが幾つか繋がってできるのがタンパク質です。プロテアーゼには、この結合した幾つかのペプチド同士の繋がりを立ち切るはさみのような働きを担っています。

人間は、食事によってタンパク質を体内に取り入れています。しかし、普段摂取しているタンパク質は人間のタンパク質とはつくりが異なるため、そのままの状態ではうまく体内に取り入れることができません。そこで、プロテアーゼが登場します。プロテアーゼは、食べ物に含まれているタンパク質を一度分解し、人間が吸収しやすいタンパク質へと変化させてくれるのです。
このように、プロテアーゼは摂取したタンパク質を分解し、吸収するのを助ける働きを持っている非常に重要な物質なのです。

肉や魚に代表されるたんぱく質は、プロテアーゼによってアミノ酸に分解されますが、これは胃からも分泌されており、かなり強力な消化酵素です。(引用:からだのしくみ大全/伊藤善也 著 より)

つまり、プロテアーゼがなければ人間はうまくタンパク質を体内に取り入れることができないため生命維持も困難になってしまうのです。

プロテアーゼは、胃液に含まれるペプシンにレンネット、膵液に含まれるトリプシンやエラスターゼ、腸液に含まれるアミノペプチターゼの3つにわけることできます。これらはそれぞれ役割は違うものの、上述したように、人が体内へ摂取することのできないタンパク質を摂取できる形へ変化させる物質です。そして、この中のどれか1つでも欠けてしまうと、体に悪い影響を及ぼすことになりかねません。つまり、プロテアーゼは消化機能として非常に重要な役割をもつ物質なのです。
また、プロテアーゼはタンパク質は分解できるものの、でんぷんは分解することができません。酵素にはそれぞれ役割があり、1つの仕事しかできないのです。そのため、でんぷんは炭水化物分解酵素、脂肪は脂肪分解酵素、というように、分解される栄養素によって消化酵素が分かれているのです。

プロテアーゼの役割

タンパク質を分解する働きのあるプロテアーゼを多く含む食品は、パパイヤに含まれているパパイン、パイナップルに含まれているブロメライン、イチジクのフィシン、キウイに含まれているアクチニジンなどが知られています。
このようにプロテアーゼが豊富に含まれたパイナップルやキウイは、食べた時に舌がしびれた様な感じがすることがあります。実はこの現象も、果物に含まれている消化酵素によって、舌の粘膜が刺激されることが1つの原因だとされているのです。
そのほかにも、プロテアーゼは納豆菌や麹、長いもやサトイモ、カブやモロヘイヤ、オクラなど、身近な野菜にも豊富に含まれているので、手軽に取り入れることが可能です。

梨のすりおろしを生姜焼きのタレに使いました。 砂糖代わりになるだけじゃなく、お肉も柔らかくなるので、安価なお肉でもへっちゃらです😋 ご飯が進むわ🍚 梨は疲労回復や風邪予防、喉の痛み緩和にも効果が期待できるんです。 毎日頑張り過ぎてお疲れの皆様、梨を食べて元気になってくださいませ😉 ・ ・ #梨#和梨#なし#ナシ#豊華#ゆたか #野菜ソムリエ#野菜ソムリエプロ #すりおろし#生姜#しょうが#ショウガ #たんぱく質分解酵素#プロテアーゼ #アスパラギン酸#クエン酸#ソルビトール #ひとり飯#アラビア#ブラパラ#ブラックパラティッシ

ズボラしみゆみさん(@shimiyumi_swgn)がシェアした投稿 -

プロテアーゼのもつ、人間がうまく摂取することのできないたんぱく質を摂取できるように分解する働きを応用した食べ合わせも広く知られています。例えば、脂っこいステーキや酢豚などの肉料理に、パイナップルやパパイヤなどの酸味の利いた果物を添えるのは、味覚的にマッチするという理由のほかに、プロテアーゼの働きによって肉のタンパク質を分解してやわらかくし、体内で消化吸収される際にもタンパク質の分解を助けて胃の負担を軽くし、消化不良や胃もたれ、胸やけなどを防いでくれる効果を狙っているのです。
ただし、パイナップルに含まれている消化酵素であるブロメラインは熱に弱い酵素なので、熱処理されている缶詰のパイナップルでは効果がありません。一緒に食べる場合は生のパイナップル、もしくは生搾りのパイナップルジュースを使うとよいでしょう。

このように、プロテアーゼの働きを応用した食べ合せの例は他にも存在します。例えば、焼いたサンマに大根おろしを添えたり、お寿司に生姜を添えるのもその1例です。ゆでダコのサラダや、キウイと鶏のささみの食べ合わせもよいでしょう。
また食べ物としてだけでなく、プロテアーゼは、たんぱく質の汚れを落とすために使用する洗剤として活用されるほか、化粧品や食品加工、整腸剤など、幅広い分野で活躍しています。

■コスメから観るプロテアーゼ
RF28クリアドロップを使ってみた

プロテアーゼ配合のRF28クリアドロップ

枯草菌から得られるタンパク質分解酵素である天然酵素プロテアーゼを配合し老廃物や不要な角質を取り除くと共に、成分が隅々まで浸透して肌を柔軟にします。

しかしながら配合した(水に触れた)時点で活動を始めてしまうため、作り置きでは働きが弱まってしまいます。その為クリアドロップの仕様として一週間ごとに混ぜて新鮮な酵素の効果を体感できるようにしています。

ジャンル コラム・情報  ハーブ・成分解説/記事
サブジャンル  

口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)