拡散、共有していただき有難うございます。
 

牛の卵巣を使用したおっぱいサプリの効果とは

牛の卵巣を使用したバストアップサプリ??

牛

解説
海外にて牛の卵巣を使用したバストアップサプリがある事が判明した為、情報が掲載されているgrowbreastsnaturally.comからまとめてみました。

牛の「睾丸」は割りと漢方であるようなのですが、残念ながら「卵巣」については、国会図書館にて書籍や論文を探しても(日本語webサイトは参考にしていません)、全く見つからない為、他に出典できる情報がありません。ですので信憑性もあまり高くありませんので、その点は御了承下さい。

解説
日本でこういったサプリに出会う事は無いと思いますので「海外にはこんなサプリもあるのか」という参考知識としてご覧ください。

google翻訳がかなり進化したので、参考サイトをご自身でご覧になってもある程度理解できるかと思います。
(google翻訳機能向上の件もあり、海外翻訳メインの記事は2016年を持って終了する予定です)

牛の卵巣を使用したバストアップサプリの効果

ウシの卵巣は、バストアアップのため利用できる最も効果的かつ自然な方法の1つです。
サプリメントでのみ摂取可能です。

ウシの卵巣サプリはどのように胸の成長を促進させるのか?

ウシの卵巣サプリは、脳の下垂体を刺激することで胸の成長を促進させます。脳の下垂体を刺激することで、思春期以降に止まってしまった体の成長を再開させることができます。いくつかのホルモンが再度分泌されることで、結果的に胸の成長につながるのです。

どこでウシの卵巣サプリを買えますか?

ウシの卵巣サプリは地元のお店などで買うことはできないので、ネット上で購入しましょう。
例えば'Bountiful Breast'のような会社からでているウシの卵巣サプリは、バストアップ目的に特化して作られているので非常に効果的です。

あまり有名でない会社からでているウシの卵巣サプリを購入することもできますが、そうした会社のウシの卵巣サプリというのは安価な中国産の牛を使用しているため品質が悪いのでオススメできません。アルゼンチン産やニュージーランド産の牛は狂牛病などの感染症が人間に及ばないように厳格に飼育されているため安全です。そうした国の牛を使用しているウシの卵巣サプリを選びましょう。ウシの卵巣サプリを購入の際は、どこの国の牛を使用しているのかしっかりと確認しておくことが大事なんです。

もっと詳しく▽

ウシの卵巣サプリについて知っておくべきこと

1:バストアップ効果を最大限に引き出すために、ウシの卵巣サプリの服用と同時にプロテイン(飲料)を同時に飲むと良いでしょう。

2:ウシの卵巣サプリを服用している間の好ましい体温は36.1℃~37℃です。

3:生のウシの卵巣の輸入はいくつかの国で禁止されているので、サプリを海外から購入する場合は必ず税関に問い合わせた方が良いでしょう。

4:ハーブ製品/漢方薬は錠剤・液体・ガムなど様々に加工して摂取することが可能ですが、ウシの卵巣は錠剤/サプリメントからのみ摂取できます。

5:ウシの卵巣サプリと他のハーブ製品/漢方薬と混ぜて摂取することはオススメできません。バストアップのためにウシの卵巣サプリのみ服用するか、服用をやめて他の製品を使用する、どちらかの選択肢をとりましょう。

ウシの卵巣サプリの副作用

バストアップ目的でウシの卵巣サプリを服用することはいたって安全だと考えられています。ただ長期に渡る過剰摂取は健康に被害を及ぼす可能性があるので注意しましょう。
ある調査によると、長期期間にわたってウシの卵巣サプリを多量に投与した場合、成長ホルモンが過剰に分泌されてしまうことが分かりました。それによって、糖尿病・高血圧・アテローム性動脈硬化症などの症状を引き起こす可能性があります。
こうしたウシの卵巣サプリの副作用は、現在継続して調査されているようです。

バストアップのためにウシの卵巣サプリを服用する際の注意点

ウシの卵巣サプリは、最低6ヶ月、最高1年(もしくはそれ以上)服用し続けるのをオススメします。バストアップの進行度は人によって異なります。体内のホルモン・体脂肪・遺伝子といった様々な要因に左右されることがあるのです。
食事の際に、多くのタンパク質を摂っている人はより良いバストアップ効果を期待できるでしょう。
もちろんタンパク質のみならず、最も重要なのは継続してウシの卵巣サプリを服用することです。

ウシの卵巣サプリの効果をより実感しやすい人

ウシの卵巣サプリは他のバストアップサプリメントに比べて高価であると思いますが、一部の人々にとってはあえてウシの卵巣サプリを選ぶべき理由があります。
一部の人々というのは、家族の中に乳がんのような、エストロゲンが起因となって癌を発症してしまった人がいる人々のことです。他のハーブ製品/漢方薬と違ってウシの卵巣サプリはエストロゲンが配合されていないので、そういった人々は安心してウシの卵巣サプリを服用できるでしょう。
また避妊薬のピルを使用している人は、ウシの卵巣サプリを同時に服用してもピルの効果が失われることはありません。これは'Bountiful Breast'社が実際に述べていることです。

ウシの卵巣サプリ製品の紹介

Bountiful Breast 画像は公式サイトより

Bountiful Breast 画像は公式サイトより

たくさんのバストアップサプリメントが作られ、消えていっている昨今ですが、このBountiful Breast社のサプリは今だに多くの消費者からの支持を受けています。
1996年からウシの卵巣サプリやケルプ補助食品といった商品を販売していて、それぞれの商品レビューも評価が高いです。ウシの卵巣サプリは、毎日夜と朝に1錠ずつ飲むだけで気軽に服用できます。
Swanson's Raw Ovarian Glandular  画像は米アマゾンより

Swanson's Raw Ovarian Glandular  画像は米アマゾンより

Swanson's Raw Ovarian Glandular 社のウシの卵巣サプリは、Bountiful Breast社のサプリと違ってバストアップに特化したものではありませんが、比較的安価で手に入るのが特徴です。
ウシの卵巣サプリにはBountiful Breast社と同じアルゼンチン産の牛を使用しています。

ウシ産地の重要性

ウシの卵巣サプリの服用を考えている場合、まずそのサプリがどこの会社から出ているのかをしっかりチェックすることが大事です。
ウシの卵巣サプリに使用される牛のほとんどは、アメリカ産・アルゼンチン産・ニュージランド産・中国産の牛です。この中でもアルゼンチン産とニュージランド産の牛は質が高く、自国の規則によって丁寧に飼育されています。

ここで注意すべき点は、中国産の牛を使用している会社のウシの卵巣サプリは買うべきではないということです。中国産の牛は、アルゼンチン産とニュージーランド産の牛と比べて質が低いのです。ウシの卵巣サプリについての調査を進めている最中、私たちは中国産の牛を使用したウシの卵巣サプリを服用し、狂牛病にかかってしまった女性の話を耳にしました。

その時は、その情報が定かでなく疑っていたのですが、調査を進めていく中でどうやら本当である可能性が高いということが分かりました。
ウィキペディアによると、2009年8月までにイギリス国内の166人、世界各地の44人が狂牛病にかかったそうです。これほど狂牛病にかかっている人がいるということに驚きましたが、これだけ人数がいれば中国産の牛を使用したウシの卵巣サプリを服用して、狂牛病にかかってしまった女性の話というのは真実なのかもしれません。

ウシの卵巣サプリを販売している会社の中で唯一信頼できるのはおそくらBountiful Breastでしょう。アメリカ農務省の検査を通った、アルゼンチン産のきれいで安全なウシの卵巣を使用しているのです。また、錠剤/サプリメントはアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可にある研究室で作られています。Bountiful Breast社のウシの卵巣サプリは多少値段が高いですが、'安全'を買うと考えればその価値はあるでしょう。

解説
主な情報源は、この牛の卵巣サプリの販売元であるBountiful Breastになっているようですね。
ちなみに、1ヶ月半(45日)分で137ドル。2016/12/19の時点では17,000円弱とかなりの高値。

牛由来でなければダメ という根拠があるのなら仕方ないですが、狂牛病云々いうのであれば、プラセンタのように馬や魚、もしかしたらメロンプラセンタのように類似する素材の使用もアリなのではないかと思います。

via:http://www.growbreastsnaturally.com/bovine-ovary-for-breast-enlargement/ http://www.growbreastsnaturally.com/where-does-your-bovine-ovary-come-from.html / translated by sirokuma / edited by nao


口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)