拡散、共有していただき有難うございます。
 

Bingサイトマップが保留中になる場合は再送信してみると良い

ちょっとAll in One SEO Packをいじっていたら、Bingのweb マスターへ登録していない事に気付いた。今更行ったところで何も変化はないのだけれど、気付いたしまったら登録しておかないと何か気持ち悪い。

■9月12日

サクっとサイト登録を済ませsitemap.xmlも送信。

9月12日に登録してサイトマップ以外のキーワードや「サイト活動」の情報が反映されだしたのが4~5日後くらいだろうか。観てみるとgoogleの1/10にも満たないけれどアクセスはしっかりある事に驚いた。

しかしサイトマップが遅い、連動しているのか「インバウンド リンク」(被リンク)欄も空っぽのまま。Bingのbotさんは意外と忙しいのかな?

■9月26日

丁度2週間。
サイトマップはずっと保留中のまま。

流石におかしいと思いましたが、サーチコンソールと同じsitemap.xmlで問題ないはずだし、google側は正常にインデックスされているので出来る事といえば再送信くらい。

検索しても明確な解決方法が分からず、日本語のウェブマスターヘルプフォーラムもないみたい。

そんな訳で全く同じものを再度登録。

Bingのサイトマップ送信

Bingのサイトマップ送信

するとあっという間に「成功」。寝て起きたらなので8時間以内には完了しています。
Bingのbotは暇だった(笑)

ちなみに時間は25日の深夜(26日)なので表記は日本時間ではない模様。まぁこれで一安心。

■まとめ

特に経過日数は知りたかったので少し誇張してみました。

自分の場合は画像サイトマップを導入してAll in One SEO Packのsitemap.xmlと衝突を起こした直後だったので何かおかしかったのかもしれません。

余り重要ではない分(実際完了してもアクセスには変化なし)、情報も少ないので結構モヤモヤしている方もいたかな?

これは新規サイトではなく既にBingにキャッシュされているサイトなので、新しくサイトを立ち上げての登録はもっと時間が掛かると思います。参考までにどうぞ。

・直近のニュースで「Siri」の検索エンジンがBingからGoogleへ変わるそう。

Appleは米国時間9月25日、「Siri」、「iOS」内の検索、および「Mac」の「Spotlight」におけるウェブ検索プロバイダをBingからGoogleに切り替えると発表した。

 これはTechCrunchが、Appleから送られた声明を引用して報じたもの。ただしこの記事によると、SiriではBingのウェブ画像検索を引き続き使用するという。検索プロバイダの切り替えは、米国太平洋時間の25日午前9時(日本時間26日午前1時)から開始され、同日午後には全世界で完了する予定だ。

 Googleはすでに、iOS版とMac版の「Safari」ではデフォルトのウェブ検索プロバイダとなっている。TechCrunchが指摘するように、Appleが今回のタイミングで変更を行う理由は不明だ。すべての自社プラットフォームで検索結果を一貫させることが目的かもしれないし、Appleが検索に関してGoogleと交わしている契約の一環という可能性もある。
(訳:https://japan.cnet.com/article/35107760//元:https://techcrunch.com/2017/09/25/apple-switches-from-bing-to-google-for-siri-web-search-results-on-ios-and-spotlight-on-mac/ より)

余計需要がなくなっちゃいますね...


口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)