"キーワード指定なし"

ハーブ・成分解説/記事

コンフリー葉エキス

■主成分
アラントイン タンニン コムソリジン ロスマリン酸 パテトン酸 ニコチン酸 ミネラル類 ビタミンB12 など
■用途や効果
保湿 消炎 収れん 抗アレルギー
■使用部位
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
エタノール PG BG
ハーブ・成分解説/記事

コンフリーエキス

■主成分
アラントイン タンニン コムソリジン ロスマリン酸 パテトン酸 ニコチン酸 ミネラル類 ビタミンB12 など
■用途や効果
保湿 消炎 収れん 抗アレルギー
■使用部位
全草
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
エタノール PG BG
ハーブ・成分解説/記事

コメヌカエキス

■主成分
糖類 フラボノイド γ-オリザノール トコフェロール ビタミンB など
■用途や効果
保湿 エモリエント 抗酸化作用 キレート剤
■使用部位
コメヌカ
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
水 BG の混合液
ハーブ・成分解説/記事

ゲンチアナ根エキス

■主成分
セコイリドイド配糖体(苦味成分)セチアリン アマロゲチン キサントイン誘導体 タンニン
■用途や効果
発毛促進(血行促進) 細胞賦活 消炎 保湿 収れん 淡褐色~褐色の液体で、特異なにおい有。
■使用部位
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
水 エタノール PG BG ジエチレングリコールエチルエーテル これら単体または混合液
ハーブ・成分解説/記事

ゲンチアナエキス

■主成分
セコイリドイド配糖体(苦味成分)セチアリン アマロゲチン キサントイン誘導体 タンニン
■用途や効果
発毛促進(血行促進) 細胞賦活 消炎 保湿 収れん 淡褐色~褐色の液体で、特異なにおい有。
■使用部位
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
水 エタノール PG BG ジエチレングリコールエチルエーテル これら単体または混合液
ハーブ・成分解説/記事

ゲットウ葉エキス

■主成分
精油「リモネン(25.1%) テルピネン-4-オール(p-メンタ-1,4-ジエン/22.7%) γ-テルピネン(17.4%)」
■用途や効果
コラーゲン合成促進・コラーゲン分解酵素の阻害 繊維芽細胞の増殖 表皮ヒアルロン酸の合成促進 抗酸化 抗菌 など 淡黄~黄褐色の液体、特異なにおい有
■使用部位
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
エタノール BG
ハーブ・成分解説/記事

クワ葉エキス

■主成分
フラボノイド クマリンなど
■用途や効果
保湿 美白 抗酸化作用 抗菌 収れん 皮膚保護 エモリエント
■使用部位
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
PG
ハーブ・成分解説/記事

クレマティスエキス

■主成分
タンニン 糖類
■用途や効果
保湿 収れん 消炎 抗脂漏(カビ/真菌) 発泡補助
■使用部位
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
PG BG
ハーブ・成分解説/記事

クレマティス葉エキス

■主成分
タンニン 糖類
■用途や効果
保湿 収れん 消炎 抗脂漏(カビ/真菌) 発泡補助
■使用部位
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
PG BG
ハーブ・成分解説/記事

グレープフルーツ果皮エキス

■主成分
精油 ビタミンA ビタミンC ビタミンP 炭水化物 有機酸類
■用途や効果
保湿 収れん エモリエント 淡黄色の液体で、わずかに特異なにおい有(要は柑橘系の香りですね)
■使用部位
果皮
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
ハーブ・成分解説/記事

グレープフルーツ果実エキス

■主成分
精油 ビタミンA ビタミンC ビタミンP 炭水化物 有機酸類
■用途や効果
保湿 収れん エモリエント 淡黄色の液体で、わずかに特異なにおい有(要は柑橘系の香りですね)
■使用部位
果実(生)
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
PG BG エタノール
ハーブ・成分解説/記事

グレープフルーツエキス

■主成分
精油 ビタミンA ビタミンC ビタミンP 炭水化物 有機酸類
■用途や効果
保湿 収れん エモリエント 淡黄色の液体で、わずかに特異なにおい有(要は柑橘系の香りですね)
■使用部位
果実(生)
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
PG BG エタノール
ハーブ・成分解説/記事

クマザサエキス

■主成分
クロロフィル ビタミンB1 ビタミンB2 有機酸 トリテルペノイド(β-アミリン) 多糖類 有機酸 アミノ酸類
■用途や効果
消炎 抗菌 消臭 免疫・細胞賦活
■使用部位
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
エタノール
ハーブ・成分解説/記事

クマザサ葉エキス

■主成分
クロロフィル ビタミンB1 ビタミンB2 有機酸 トリテルペノイド(β-アミリン) 多糖類 有機酸 アミノ酸類
■用途や効果
消炎 抗菌 消臭 免疫・細胞賦活
■使用部位
■抽出溶媒(同時配合の可能性があるのも)
エタノール
タイトルとURLをコピーしました