拡散、共有していただき有難うございます。

ダイエットティ(便秘茶)の7つの効果

ダイエットをサポートしてくれるダイエットティーには、色々な種類があります。その種類や含まれる成分によって、脂肪燃焼や便秘解消、代謝アップ、デトックス、満腹感が得られる、むくみの解消等、様々な効能を得ることができます。

①脂肪燃焼効果

脂肪燃焼

脂肪燃焼

ダイエットティーの中には、脂肪燃焼をサポートする効果のあるタイプがあります。

ダイエットティーを飲んでから有酸素運動などを併用することで、さらなるダイエット効果を期待することができます。他にも、食前に飲むことで、食事に含まれる糖分や脂肪分が体内に吸収されるのを防いだり、血中のコレステロール値をさげたりします。食事中や食後の飲みものをダイエットティーに変えたり、のどが渇いた時の水分補給をダイエットティーにするだけで、徐々に効果が現れてきます。

ダイエットティーに含まれる脂肪燃焼をサポートする成分には、ポリフェノールやヒドロキシクエン酸、カフェインなどがあります。ポリフェノールは、お茶の渋み成分のことです。緑茶の場合はカテキン、烏龍茶の場合は烏龍茶ポリフェノールとも呼ばれ、様々な種類があります。
中でも、ルイボスティーは、脂肪分解以外にも高い抗酸化作用や若返り効果があり、ごぼう茶は、サポニンが豊富に含まれており、脂肪分解効果や抗酸化作用が期待できます。

ヒドロキシクエン酸は、脂肪燃焼をたすける働きや内臓脂肪の蓄積を防ぐ作用があるとされ、ガルシニアなどに含まれています。
カフェインは、覚醒作用以外にも脂肪燃焼の効率を高めるとされています。ただし、過剰摂取をすると効果が低減するとされ、1日の摂取量は300mg程度が上限とされています。また、妊娠中に1日100mg以上カフェインを取ると流産リスクが上がるとされ、授乳中も過剰摂取は控えた方が良いとされています。そのため、カップ1杯に含まれるカフェインが100mgになるコーヒーは、避け、30mgの紅茶や緑茶、烏龍茶を2、3杯程度が上限になります。

あくまでも、ダイエットティーは、体内の酵素に働きかけ、脂肪燃焼を促進させる効果であるため、お茶を飲みながら、ジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動を組み合わせることです。運動をはじめる30分前ぐらいに飲むことでより効果を発揮します。

②むくみに対する効果

むくみ

むくみ

痩身効果に速効性が出やすいのは、むくみ解消してくれるタイプのダイエットティーです。むくみが取れるだけでスッキリしますし、ウエストや脚のサイズが一気に減るケースもあります。水分は重いので、その効果は体重にもすぐに表れます。

むくみ解消に効くダイエットティーには、杜仲茶や明日葉茶があります。杜仲茶は利尿作用が高く、体内の余分な水分を排出するのに役立ちます。強い生命力を持つ明日葉茶には、クマリンやカルコン等の成分が含まれています。

明日葉茶にも強力な利尿作用があり、セルライトの予防にも効果的です。体がむくみやすい人は、体内の水分を排出する働きが弱まっていると考えられます。その原因は、筋力不足や血流の悪化、ホルモンバランスの乱れ等色々考えられますが、上手く排出できない分は利尿作用のあるお茶を利用して、その都度出してあげるのが一番です。体内の水分バランスが良くなると、冷えも改善されます。

ダイエットティーには、便秘に効果的なものがあります。ごぼう茶にはサポニンという成分が含まれており、コレステロールを除去したり、過酸化脂質の生成を抑制する働きがあります。
キャンドルブッシュには食物繊維が豊富に含まれています。その量はさつまいもの20倍とも言われ、デトックス効果が期待できます。アントラキノン・タンニン・ケルセチンも含まれており、血行が促進され肌の新陳代謝が高まります。

末端の冷えが気になる人にも最適ですし、血行促進効果はむくみの改善にも役立ちます。また、食生活が乱れがちの人、運動不足の人には、脂肪を燃焼してくれるダイエットティーもあります。ウーロン茶や緑茶、ウコン茶が脂肪燃焼に効果的であり、脂分の吸収を防いだり、体外に排出したりと様々な効果が期待できます。

③食事と一緒に飲むと効果を発揮

食事

食事

食事と一緒に飲むと効果のあるダイエットティーとしては、烏龍茶や紅茶のような発酵茶が代表的です。烏龍茶に含まれるポリフェノールは、カテキンの重合体となっているのが特徴で、優れた脂肪排出効果があるといわれています。食事中に摂取した脂肪分を吸収させずに、体外へと排出してくれる手助けをするのが烏龍茶のポリフェノールということは、最近になって詳細に分かってきました。

烏龍茶は、昔からダイエットティーとして愛用されてきたものです。中華料理では油をよく使うものですが、烏龍茶を飲みながら食べる知恵があります。油っこい中華料理には、烏龍茶は特によく合います。口の中がさっぱりとするだけでなく、食べ物の脂肪分も排出してくれるのですから、ダイエットティーとして極めて有益なものです。

西洋の菓子には、生クリームやバターをふんだんに使う傾向があるため、カロリーも非常に高くなります。カロリーが高い洋菓子であっても、安心して食べられる文化が根付いているのは、紅茶を飲む習慣があるからです。紅茶にも烏龍茶と同様に脂肪分の吸収を抑える働きがあるため、英国などでは紅茶を飲みながらケーキを食べる習慣が伝統となっています。

日本の伝統的なダイエットティーと呼べるものは、抹茶や深蒸し煎茶です。緑茶の茶葉には、食べるとコレステロールの吸収を抑制して、血糖値の上昇も抑える働きがある水溶性食物繊維が豊富に含まれています。大事なのは、茶葉そのものを食べることです。
抹茶であれば、お茶の栄養分をそのまま摂取することができます。深蒸し煎茶の場合であれば、茶葉がやわらかいものですから、お茶として淹れたときには濃い緑色になります。これは、茶葉が細かくなって溶け出していることの証拠です。抹茶や深蒸し煎茶には、カフェインも含まれていますから、脂肪を燃焼させる効果も期待できます。お茶自体にはカロリーはほとんどありませんが、食事を取りながら飲めば、太りにくくするための働きをしてくれます。

④糖の吸収抑制

糖分

糖分

体に脂肪がついていしまう原因となる成分の1つが糖質です。糖は体に脂肪を蓄えしまう作用をしたり、水分をため込みやすいので、むくみの原因にもなってしまいます。

その糖質は、毎日の食事で摂り過ぎてしまうのです。普段の食事でも、そのつもりがなくても多くの糖が含まれています。ここに加えて、お菓子などの嗜好品、おつまみ、食べ過ぎで、過剰になりがちなのが現代人です。

そこで、まずは糖の摂取量を抑えることが、脂肪を付きにくくしたり、カロリーを抑えることに繋がります。実は砂糖大さじ1杯で、35キロカロリーにもなります。この量は、何げない食事でも簡単に使われています。ですから、まったく糖をカットした生活は難しく、ある程度の糖は体にとっても必要です。ですから、知らず知らずに摂ってしまいがちな糖の吸収を抑える方法が、もっとも生活に無理がなく現実的な方法なのです。

しかし、どうしたら糖の吸収を抑えられるかと言うと、お勧めなのがダイエットティーです。見た目は一般的なお茶です。いろいろなお茶が出ていますが、どれも味はお茶ですので、癖があったり、苦かったりするわけではありません。
ですから、いつも通りの食事のお共にダイエットティーを飲むことができます。

このダイエットティーには、糖の吸収を抑える効果があります。糖をゆっくりと吸収したり、吸収量自体を少なくする効果があるので、不必要な量を体に取り込まずに済みます。

結果手に気、脂肪として体に残りやすい糖が減り、太りにくくなっていきます。一緒に食べる食事からの糖を減らすことで、過剰な糖がたまる体質が変わります。ダイエットティーなら食事の時も合いますし、日常生活のいろいろな場面で飲むことができます。そのため、続けやすいので効果も実感しやすいのが特徴です。いつもの飲み物をダイエットティーに変えるだけです。そうすることで体の中で糖が脂肪に変わるチャンスを減らすことができ、体重のコントロールができるのです。

⑤アンチエイジング効果

アンチエイジング

アンチエイジング

若い頃は透明感があり、みずみずしい肌の状態であったにもかかわらず、今ではハリが失われ、常にうるおいが足りず、かさついているような肌になってしまったと悩んでいる方は少なくありません。

年齢を重ねると新陳代謝が悪くなってしまうので、古い角質が残りやすくなり、お肌のターンオーバー機能も衰えるのは仕方ないことですが、そのまま放っておくと、シワやシミ、くすみなどの原因になってしまいます。
それを防ぐためには、保湿成分がたっぷり入った化粧品を使わなければなりませんが、それだけでは効果が薄いので、今人気のダイエットティーも併用することをおすすめします。

ダイエットティーは体脂肪を落とす効果があるだけでなく、アンチエイジングにも役立つので、美しくなりたい女性にはぜひ利用してほしい商品です。
ダイエットティーには食物繊維が豊富に含まれているので、毎日飲むだけで、体の中から老廃物を排出してくれるデトックス効果があります。

便秘になると湿疹や吹き出物などの肌トラブルが起きやすくなるので、お化粧もあまりのらなくなってしまいますが、ダイエットティーを飲めば、便秘を解消して、美しいお肌を取り戻せるようになりますし、お化粧のノリが良くなると、人によっては5歳から10歳程度は若返って見られることもあるので、試してみる価値はありそうです。

さらに新陳代謝が良くなることで痩せやすい体質になれますから、これまでどれだけ必死にジョギングなどの運動をしたり、食事制限をしても痩せなかった方でも、スムーズにダイエット出来るように。
太っていると、高血圧や糖尿病になったり、心臓病や脳疾患を起こす確率も上がるので、いつまでもほっそりとした、若々しい姿を保ちたいと思うなら、アンチエイジング効果の高いダイエットティーを飲むようにしましょう。

ダイエットティーは各メーカーから発売されているので、初めて購入する際は悩んでしまうでしょうが、そんなときは口コミの評価の高いものを選んで使うようにしてください。

⑥生活習慣病予防効果

生活習慣病

生活習慣病

コレステロール値が高いと、血液はドロドロとして詰まりやすくなりますし、そのまま放置しておくと動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞の原因となります。
生活習慣病にならないためにも、コレステロール値を下げて血液をサラサラにしなければいけません。

ダイエットティーは、ダイエット効果があるお茶です。
そのためダイエット目的に飲む女性も多く、数多くの商品が販売されています。しかしダイエットティーの効果は、体重を落とすダイエットだけではありません。
身体に対して良い効果がたくさんあるので、生活習慣病予防の効果もあります。
健康診断でコレステロール値が高くなりメタボと診断されたら、運動+お茶の選択もありです。

生活習慣病の予防に役立つだけではなく、ダイエットもすることができます。生活習慣病の予防に効果のあるダイエットティーは、黒豆茶です。
黒豆の中にはイソフラボンやアントシアニンなどが含まれており、血中脂質の抑制と腸管からの脂肪吸収抑制の効果があります。これによって、肥満の予防と改善を期待することができるのです。

さらにアントシアニンには、抗酸化作用もあります。
抗酸化作用は活性酵素を除去することが可能で、動脈硬化やガンの予防をする働きもあります。

また生活習慣病をダイエットティーで予防するなら、ヤーコン茶も良いでしょう。
ヤーコン茶は、糖尿病や高血圧の予防に役立つとされています。糖尿病の予防に役立つ理由は、ヤーコンの葉に含まれている成分です。
ヤーコンの葉にはインスリンと同じ働きをする成分が含まれており、ヤーコン茶を飲むことによって血糖値を下げ上昇させる効果があります。

生活習慣病の予防をするためには、食事制限や運動などのが効果的ですが、それの予防方法とともに、生活習慣病の予防に役立つダイエットティーも一緒に飲めば、効率的に予防できるでしょう。
もちろんダイエットティーだけではなく、ほかの予防方法を組み合わせることも大切です。

⑦便秘解消の効果

便秘解消

便秘解消

ダイエットを開始すると、食事制限などによって食生活が乱れ、体に必要な栄養を十分に取ることができなくなります。

食事量が減ったり排便のために必要な栄養が足りなくなってしまうと腸が刺激を受けなくなり、排便のために十分に働くことができなくなってしまい、排便がうまくいかなくなると便秘になります。

便は体の中の毒素を排出するという大切な役割があります。その便が体内に残ってしまうと、毒素も体の中に残ってしまい肌荒れにも繋がり、腹痛やポッコリお腹にもなってしまいます。そこでダイエットティーの中には、便秘解消を目的としたものや便秘解消を効果の一つとしているものがあります。

ダイエットティーには、様々な栄養素が含まれています。食事制限などによって不足した栄養を摂取することによって便秘が解消されてポッコリお腹も解消でき、肌荒れなどの解消や予防にもなります。美味しく飲めるようにとダイエットティーは飲みやすいように工夫されており、自然由来の天然成分で作られている商品が多いので、体にも優しいです。

便秘解消を目的としてダイエットティーを飲むのもいいですが、元々の効果であるダイエット効果を目的としてとして飲むこともできます。この他、ダイエットティーには脂肪燃焼効果や脂肪の吸収を妨げる働きもあるので、ダイエットをするうえで嬉しい効果があります。ダイエットティーは毎日飲み続けるだけなので、簡単に続けていくことができます。毎食ごとに飲んだり仕事中のお茶として飲んだりと、好きな時に飲むこことができ、毎日飲み続けることで効果を持続させることができます。

しかし、ダイエットをしようと思ったなら、日常生活の中で運動と食事に気を付けることも大切です。運動不足や偏った食事による便秘を解消するのにダイエットティーを飲むのもいいですが、あくまでダイエットティーは健康補助食品として考え、筋肉をつけたり栄養をまんべんなく取ることで、体の中も外も綺麗な形で痩せることができます。

ジャンル お茶  コラム・情報  美容・健康記事やハーブ・有効成分解説
サブジャンル


口コミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)